マッチングアプリと勘違いしている男性ユーザー

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

携帯のキャリアメールアドレスを教えてほしいとか、ラインのIDを教えてほしいとか、直接の連絡先を聞いてきます。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

マッチングサイトと勘違いしている男

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

マッチングサイトでもないのに、勘違いして出会いができるサイトだと思っている男性がある程度いるのです。

チャットサイトなんて見ればすぐわかりそうなものですが、それでも女性との出会いができると本気で勘違いしているチンコの化身みたいな男性がいるのですw

そのため、チャットレディの音声通話がはじまってすぐとか、チャットにログインしてすぐに、スマホのメールアドレス教えてくださいとか聞いてきたりするのです。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そのウェブサイトというのは、主にアフィリエイトをやって紹介料をもらっているので、出会いができると宣伝して男性を登録させることによってお金を稼いでいるのです。

なので、当然そういったウェブサイトを見た人は、ライブチャットサイトがあたかもマッチング出来るサイトのように見えてしまって、出会い目的となってしまうのです。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

チャットレディサイトに流入してくる出会い目的の男性客が増えてしまう原因にはいろいろなものがあると思いますが、ほとんどがこういったウェブサイト経由が原因になっているといえるでしょう。

メルアドを教えてといってくる男性客

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

つきあってほしいなどとのたまう男性

テレビ電話なり音声通話なりがはじまるなり、僕と付き合ってください!なんていってくる人はたまにいます。

どんな男性がタイプですか?高身長ですか?高収入ですか?などとメールを送ってくる男性もいるので注意しましょう。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ライン交換しませんか?と聞いてくるユーザー

ライブチャットサイトに現れる男性客で一番多いのは、このラインを聞いてくる男性ユーザーです。

ライン交換してくれませんか、などといって、いきなり自分のラインIDを送りつけてくる男性ユーザーもいるくらいです。

ライン交換や直接アドレスなどを交換したがる男性というのは、あまりポイントを消費したがらないケチな男性が多いので、音声通話やテレビ電話をかけてまで連絡先を聞いてくるということはありません。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

いきなりお誘いのメールを送ってきて、音信不通になるような相手を、相手にしていたらきりがないですし、心がやんでくると思うので、気にせず他の男性とのチャットを楽しみながら稼いでいきましょう。

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私がチャットレディをやっているときに、こういった男性ユーザーからの誘いのメールが来たときは、すぐに断っていますが、ベテランの頭のいいチャットレディは、あたかもあなたと付き合いたいという思わせぶりな態度をみせて、どんどんメールのやりとり回数を重ねていって稼いでいる人もいるくらいです。

あそこを見せれば好かれると思っている客

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

「俺のマグナムペニスを見てください!!」なんて、いきなり自分の股間の画像を送りつけてきたりする男性がいますが、女性からしたら、どん引き以外の言葉がありません。男性はほんとにアピール出来ると思っているのでしょうか。

自分で誇りに思っているチンコをみせれば、惚れてくれるかもと、本気で思っている男性がいます。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会えるのが前提になっている男性客

チャットレディをやっていると、ペニス画像を送りつけてきたりする男性もいたかと思えば、だんだん合える方向に持って行く男性もいるのが困ったものです。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

男性の心理を逆手にとって、におわせぶりな態度を使って、どんどんチャットして稼げればしめたものですが、こういう裏工作や、転がすことに抵抗がある女性は、わざわざやらなくてもまっとうにチャットしてくれる男性とだけチャットすればいいと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

アダルト行為というのは本来はチャットをしてくれているという対価で見せるものですが、なかにはケチな男性もいて、自分だけに動画を投稿してくれなどと調子のいいことをいってくる人もいるので気をつけましょう。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

セックスが前提になっている男性客

ライブチャットサイトにおいて、ポイントを使いたくない客というのは、チャットレディにメールばかりを送る傾向があります。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがやると危ない行為

ここからは、チャットレディがやると危険な行為を紹介していきたいと思います。是非参考に読んでみてください。

以外に気兼ねなくやっているチャットレディも散見されますが、初心者の方は危険なのでやらないでください。

実際にリアルで会ってしまうこと

男性ユーザーとリアル世界であったことがあるチャットレディのエピソードをたまに目にしますが、正直危ないと思います。

その会ってしまう男性ユーザーというのはどういう意図を持っていて、どういう正確なのかもわかりませんし、何かを企んでいるかもしれませんから、そう考えると危険ですよね。

ライブチャットで気兼ねなく交流を交わしていく内に打ち解け合っていくのはわかりますが、これはお仕事なので、きちんと線引きをしておいたほうがいいでしょう。

キャリアメールやライン交換はしてはいけない

直接連絡先を交換してもライブチャットサイトを介さないと報酬にもなりませんからチャットレディとしてのメリットは一つもありませんので、連絡先は交換しないことに越したことはありません。

男性客にしつこく連絡先を聞かれて、面倒だからといって適当なメールを返したりしても、リピーターを失ってしまうだけなので、規約にあるからとかなんとかいってかわしましょう。

出会えるかのように振る舞わない

アドレス交換などはもちろんしてはいけませんが、こうやって男性客をまどわして、あたかもそのうち私と出会えるかのような、思わせぶりな態度はやめておいた方がおすすめです。

このようなテクニックを使っているチャットレディも、教えている人ももちろんたくさんいますが、これは男性の下心をつかった狡猾なテクニックなので、あまりおすすめできるものではありません。

最近チャットレディの間で、使われているテクニックとしては、会うことを引き延ばすテクニックに、コロナが終わったら会おうというものです。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性も女性との会話を楽しみにして報酬を払っている訳なのですから、チャットレディの優位性を使って、男性の下心をもてあそぶのはよろしいとはいえないでしょう。

連絡先を聞いてくる男性客の回避方法とは

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

私が今までチャットレディとして活動してくる中で、直アドなどを聞いてくる客に対して、うまく回避する方法はないかと思案した結果編み出したテクニックを紹介しています。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

しつこく連絡先を聞いてくる男性客には、チャットレディサイトのスタッフに注意されるから教えられないといっておきましょう。

チャットしてくる男性もポイントがかさんでしまうので、連絡先を教えてくれなさそうな返信が帰ってくれば当然それ以上は聞いてこなくなります。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

チャトレをしている女性と、男性会員の直接的な連絡先の交換などはすべてのサイトで禁止されているので、これを使えば断るときのいい理由になります。

自分が直接ことわっているテイを出さない

上記で紹介した連絡先の断り方というのは、どの方法も第三者から禁止されているということに終始しています。

チャットレディ自身が断っているわけじゃなく、第三者のチャットサイトや代理店のせいにすることによって、男性客からの恨みを避けることにもつながります。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

ライブチャットには勘違いして女性と出会えるものだと思って登録している男性客が少なくありませ念。そういった男性客からのアドレスの要望には応えないようにしましょう。

チャットレディの女性も人間ですから、いきなりのお客さんが教えてくれなんていってきたら、絶対に教えることはないかもしれませんが、仲良くなった男性ユーザーが聞いてきたら教えてしまうかもしれませんよね。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

チャットレディをやっている人のブログなどを見てみると、リアルに男性客と会ったことがある記事をかいていることがありますが、すべての男性ユーザーが善良な市民とはわかりません。よこしまな思いを持っている男性だっていることでしょう。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

チャットレディとしての仕事がやりづらくなるだけではなく、結果的に稼ぎにくくもなってきます。チャットレディはルールを守ることが全体にとっても大切なのです!

これからチャットレディをやる人も、もうすでにやっているひとも、これだけ安心して楽に稼げる環境もそうそうないので、流れに乗って大きく稼いじゃいましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

なんども直接アドレスやラインIDなどは規約違反で教えられないといっているのにもかかわらず聞いてくる男性客は、ライブチャットのブロックという機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットレディにお金を払って、ポイントを消費してくれるお客さんなら百歩譲ってまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろと何度も行ってくる男性客はブロックするに限ります。

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

チャットサイト外でやりとりをしてもチャットレディにお金が振り込まれるわけではないので、よっぽどその男性が魅力的がしゃべっていて楽しい相手じゃないと成立しないと思います。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

チャットサイトで連絡先を聞いてくる不届きな不躾な男をブロックすることにためらいをもってはいけません。男性客はたくさんいるので、他にもいくらでも時間を割いて相手をしなくてはいけないひとはたくさんいます。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!

↑ PAGE TOP